毎週木曜日はどっさりですね(*・ω・)ノ
 fc04
蒼天の獅子&白銀の護騎 フリーカード冊子(PDF)
http://www.zxtcg.com/download/list.html

クイックリファレンス( RULE BOOK ver.1.3 )
http://www.zxtcg.com/download/item.html

Z/Xテーマ曲2曲のDL販売開始!
http://www.zxtcg.com/news/topics_0019.html

その他、大会開催店舗の情報更新など

以下、更新のあった数えきれないゼクス用語です。
大樹ユグドラシル
[ たいじゅゆぐどらしる ] 固有名詞 / 未来の生態 / 緑の世界
緑の世界を覆う植物達のネットワーク。
全であり個、個であり全の存在。

緑の世界を覆う植物全てが端末であり、本体であるためほぼ不老不死の存在である。
植物化に抗う勢力を殲滅するために戦闘に適した形の端末を産みだしたり、
バイオ植物の種子で大量のプラセクトを操ったりすることもある。


リンドヴルム協会
[ りんどゔるむきょうかい ] 固有名詞 / 未来の組織 / 緑の世界
表向きはフランスに拠点を置く、地球温暖化を憂いアフリカなどの砂漠の緑化を進める環境NPO。
だが、創立者の真の目的は地球上の生物すべてを植物化することによって世界から争いを無くし、
永遠に近い寿命を与えるというもの。

《リンドヴルム協会》が開発を進めた過酷な環境に適応して自らを進化させるバイオ植物によって
砂漠の緑化は成功しつつあるように見えたが、バイオ植物に故意に混入させられていた
寄生植物のDNAにより、昆虫、動物のみならず人間にも寄生を始め、
地上に存在する生物のすべてが植物と化していった(人類のリーファー化)。

最終的には創立者自身も地球全域を覆うような《大樹ユグドラシル》と化し、
自らが吐き出すバイオ植物の種子によって自らの理想を推し進めていくことになる。

欧米ではバイオ植物の暴走後、
植物化を逃れるためバイオ植物に耐性を示した動物のバイオ因子を自らに組み込むことで獣人化し、
野生に返った生活を送る者が現れた一方(人類のライカンスロープ化)、
アジアでは植物に侵食された昆虫から取り出した抗体を体に取り込むことで植物化を防ぎ、
あくまでも人間らしい生活にこだわる者が現れた(人類のホウライ化)。